高い信頼性が持てるフッ素コーティング性の離型剤はおすすめ

水の波紋

離型剤が重要な役割を果たしている身近な製品

PCパーツ

調理の時間と手間を大幅に短縮してくれることで多くの家庭で重宝されている圧力鍋ですが、圧力鍋はフタのゴムパッキンの状態が悪いと、しっかり圧をかけることが出来ません。パッキンは、経年劣化によって柔軟性が失われて使えなくなりますが、新品と交換すれば、また圧力鍋を使えるようになります。新品のパッキンを買う際、よもや誰も、ゴムのリングの一部が他の部分よりも薄かったり、穴が開いたりしている製品を入手するとは思っていないでしょう。ゴム製品のパッキンを、圧力鍋の用途に完璧にマッチする形にするためには、金型と共に離型剤が重要な役割を果たしています。
ゴムという素材は金型に流し込むと、その型通りの形に変わります。しかし、それをそのままの状態で型から分離することができなければ、パッキンとして使うことは不可能です。離型剤を金型に塗布していない場合、ゴムは型に粘着して、製品の形が台無しになってしまいます。無理に剥がそうとすると、型にゴムが残ってしまった部分は、パッキンの壁が薄かったり、穴が開いたりする可能性もあります。そこで離型剤、中でも特に優れた離型性能を持つフッ素コーティング剤を使った離型剤を使うと、このようなトラブルなしにゴムパッキンを綺麗に型から分離出来ます。
離型剤はこのように、ごく身近な製品を作るのに、大きな役割を果たしています。